現代防人(さきもり)論考   ~「現代の防人、自衛隊」を襲う高齢化、今こそ求められる国民の支え~
公益財団法人日本国防協会理事
上村 邁

Ⅰ はじめに   尖閣諸島に対する中国からの脅威が急を告げています。中国の脅威といえば嫌でも、千数百年前、「白村江の戦い」において大敗し、唐の脅威に対して九州防衛のために創設した「防人(さきもり)の制度」を想起せざるを得ません。 万葉集の「防人歌」で知られる防人は、次第に、代わって創設された「一人を以て百人に当たる強兵」を募る「健児(こんでい)の制」に起源をもつ地方武士団に国土防衛の任を譲っていきます。13世紀、文永・弘安の役で来襲した蒙古(元)軍を撃退したのは、神風などではなくこれらの武士団でした。 翻って現代、近年南シナ海に地歩を確立してわが国の領土に触手を伸ばす中国の脅威に対抗

» Read more