自衛隊明記論に問う
~真の憲法9条改正を目指して~
元陸上自衛隊幹部学校副校長
上村 邁

「自衛隊を憲法に明記する」という憲法改正案が国会に提出されようとしている。外国でも多くの国が憲法で軍隊を明記していることからすれば、一見もっともなことのように思えるが、こと日本においては、話はそう簡単ではない。言うまでもなく、「戦力は持たない。交戦権は認めない」という憲法9条2項の存在を避けて通れないからである。世界にも類を見ない憲法の条文ではあるが、先の大戦を教訓とし、平和国家の理想を掲げて国際社会に再登場せんとした戦後日本の決意を象徴するものである。そして、その選択が間違っていなかったことは、戦後70年を過ぎた現在の日本の立ち位置が明らかにしている。世界に受け入れられた平和国家のイメージ、

» Read more

日本からは見えない中国の実像
拓殖大学海外事情研究所教授
富坂 聰 氏

皆さんこんにちは。本日の演題は「日本から見えてこない中国の実像」ということで、おそらく皆さんがイメージしている中国とは違う内容になるのではないかと思っていますが、だからこそ、お話しする意味があると思っています。   一 改善に向かう日中関係 ~変化が見られる中国の事情~ 今、日中関係は改善に向かっています。これは皆さんご存知の通りだと思いますが、「これは一体どういうことなのか」というところから話を始めていきたいと思います。 2014年北京APECのときの日中首脳会談において、安倍晋三総理が話しかけても仏頂面でプイと横を向いていた習近平の顔を皆さん記憶していると思います。その時と比べ、

» Read more