激動する朝鮮半島情勢を読む
拓殖大学大学院特任教授
武貞 秀士 氏

ご紹介にあずかりました武貞秀士です。本日、国防問題講演会にお招きをいただき、ありがとうございます。私は防衛研究所に36年間勤め、退官した後も同じような仕事を続け、現在は大学で教鞭を執っています。 今日の演題は「激動する朝鮮半島情勢を読む」です。朝鮮半島と隣接している日本がその激動の渦中で「今、何をなすべきか」について述べます。私がこれから話す内容は、どちらかというと国内では少数意見であり、テレビ・新聞などでこのような議論を展開しておられる方はいないだろうと思います。私は今、大手の左右両方の新聞から敬遠されており、人前で話をする機会は日本国防協会くらいになっています(笑)。といいながらも、一昨日

» Read more

我が国の防衛力を支える装備技術の現状と方向性
政策研究大学院大学客員研究員 元防衛装備庁長官
渡辺 秀明 氏

「皆さんこんにちは」、というよりも「お久しぶり」と言ったほうがいいかも知れません。私の方は昨年7月末に退官してから、各方面からお声をかけて頂き、いろいろな勉強会に参加しております。そこで、多くの方々と議論させて頂き、大変勉強になっております。 本日は、わが国の装備技術の現状と方向性、そして課題もたくさんありますので、これらについてお話をさせていただき、また、皆さまからもご意見等を頂戴できれば有り難いと思っています。私も逐次、新しい情報を収集しているつもりですが、装備技術の動向は激しく動いていますので、今日は、皆さまとお話をさせていただく貴重な機会だと思っています。   一 北朝鮮の技

» Read more

トランプ政権と中国、そして日本の防衛
産経新聞ワシントン駐在客員特派員
古森 義久 氏

今、アメリカではドナルド・トランプ大統領というアメリカの政治史の中でも特殊な例外的な人物がリーダーになっており、これに対して全世界が注目しているわけです。アメリカ大統領の言動には、誰であっても、好きな人でも嫌いな人でも注意を払わざるを得ないという現実があるわけですが、トランプ大統領に対して向けられる視線、注視される度合いというのは異様なほど高いものがあります。日本の中でも、アメリカ大統領、さらにアメリカ政治というものがこれほど身近というか、関心の対象となったことはあまりないと思います。テレビをつけると、ニュース番組ではない娯楽番組でも「トランプがどうのこうの」、「トランプはけしからん」とか言っ

» Read more