活動理念及び理事長挨拶

〈活動理念〉

美しい日本を愛し

日本国に誇りを持ち

自らの国は自らの手で守る日本人としての気概を持とう

このため、内外の国防に対する政治、経済、社会等の情勢を明らかにし、わが国の防衛のあり方を探究するとともに国防思想の普及に努め、わが国の平和と独立に寄与することを目的に活動する。

 

〈理事長挨拶〉

 

皆様方には、常日頃から「公益財団法人 日本国防協会」の活動に御理解をいただきますとともに御協力を賜り、誠に有難うございます。

我が国を取り巻く安全保障環境は、新型コロナウイルスの世界規模の感染拡大による経済危機等と相まって、冷戦期以降最も厳しい状況にあります。

中国は我が国領海への侵入はもとより、南シナ海・東シナ海において現状変更の試みを繰り返しており、北朝鮮は連続した弾道ミサイル発射に見るように、核・ミサイル開発を加速させております。そして北方領土の不法占拠を続けるロシアについては、国際法を無視してウクライナに武力侵攻し、米欧をはじめとする国際社会からの制裁、対する中露接近等、情勢がより不安定化・複雑化する状況にあります。

この様な情勢に鑑み、今まさに「わが国の平和と独立」を真剣に考える時であると認識します。特にロシアのウクライナ侵攻に対し、毅然とした態度でその侵攻に対峙するウクライナ国民の愛国心、命懸けで示してくれている国を守る意志や国土防衛戦の様相等に、我々は目を背けることなく、わが国の防衛のあり方を探究する機会としなければなりません。

そういった観点で微力ではありますが、自らの国は自らの手で守る日本人としての気概を取り戻すことに活動の理念を持つ「公益財団法人 日本国防協会」が果たす役割は、今後益々重要になるものと確信しております。

皆様方には、引き続き御理解・御協力をいただきますとともに、会の躍進と活動の拡大にご尽力賜りますようお願い申し上げます。

 

公益財団法人日本国防協会 理事長 岡部俊哉

 

 

 

 

〈会員の皆様へ〉

 

会員の皆様方には、常日頃から「公益財団法人 日本国防協会」をお支え賜りますとともに活動に積極的にご参加いただき、誠に有難うございます。

此の度、理事長を拝命しました岡部俊哉であります。誠に微力ではありますが、精進して参る所存でありますので、御指導御鞭撻そして御協力のほどを宜しくお願い申し上げます。

さて我が国を取り巻く安全保障環境は、新型コロナウイルスの世界規模の感染拡大による経済危機等と相まって、冷戦期以降最も厳しい状況にあります。

中国は我が国領海への侵入はもとより、南シナ海・東シナ海において現状変更の試みを繰り返しており、北朝鮮は連続した弾道ミサイル発射に見るように、核・ミサイル開発を加速させております。そして北方領土の不法占拠を続けるロシアについては、国際法を無視してウクライナに武力侵攻し、米欧をはじめとする国際社会からの制裁、対する中露接近等、情勢がより不安定化・複雑化する状況にあります。

この様な情勢に鑑み、現在はまさに「わが国の平和と独立」について国家を挙げて真剣に考え、取り組むべき時であります。特にロシアのウクライナ侵攻に対し、毅然とした態度でその侵攻に対峙するウクライナ国民の愛国心、命懸けで示してくれている国を守る意志や国土防衛戦の様相等に、我々は目を背けることなく、わが国の防衛のあり方を探究する機会としなければなりません。

そういった観点で、自らの国は自らの手で守る日本人としての気概を取り戻すことに活動の理念を持つ「公益財団法人 日本国防協会」が果たす役割は、今後益々重要になることから、その活動についてもこれまで以上に充実発展させなければなりません。

会員の皆様方には、引き続き御理解・御協力をいただきますとともに、躍動する会への復帰と活動拡大に積極的に参画賜りますようお願い申し上げます。

 

公益財団法人日本国防協会 理事長 岡部俊哉