平成29(2017)年度以前の講演会の開催一覧

平成29(2017)年度以前の講演会の開催一覧は以下の通りです。(敬称略)

 

平成29(2017)年度

平成30年 1月 「朝鮮半島・東シナ海の情勢と日本の防衛」 衆議院議員 元防衛大臣 中谷 元
「憲法9条の改正と自衛隊」  衆議院議員 元防衛大臣 中谷 元
平成29年12月 「日本の国際化と平和について」  駐日サンマリノ共和国大使 マンリオ・カデロ
平成29年11月 「封印された日本の近現代史」  ジャーナリスト 井上和彦
平成29年10月 「現下の世界情勢と日本の歩むべき道」  第8代ユネスコ事務局長 松浦晃一郎
平成29年 9月 「平成29年版防衛白書について」 防衛省大臣官房企画評価課長 小野功雄
平成29年 7月 「ロシア外交と日ロ関係の行方」  NHK解説委員 石川一洋
平成29年 6月 「東アジア情勢と日本の安全保障」  評論家 潮 匡人
平成29年 5月 「国際環境の変化と我が国の防衛力―陸自の現状と将来―」
元陸上幕僚長 岩田清文
平成29年 4月 「日本の安全保障政策の変遷と自衛隊」  元統合幕僚長 折木良一

 

平成28(2016)年度

平成29年 3月 「アメリカ新政権下の日米同盟」  拓殖大学海外事情研究所教授・所長 川上高司
平成29年 1月 「日本の安全保障―現状と課題―」  衆議院議員 元防衛大臣 中谷 元
平成28年12月 「アメリカ帝国の挫折」  評論家 西部邁
平成28年11月 「『対中国軍事問題』と『対北朝鮮軍事問題』との差異を考える
東洋学園大学名誉教授 冨澤 暉(元陸上幕僚長)
平成28年10月 「国際紛争の理論と現実」  東京国際大学教授 村井友秀
平成28年 9月 「平成28年版防衛白書について」  防衛省大臣官房企画評価課長 山野 徹
平成28年 7月 「サイバー戦への備え」  元陸自通信学校長 田中達浩
平成28年 6月 「新ガイドラインの評価と課題」  元航空支援集団司令官 織田邦男
平成28年 5月 「安全保障法の成立―これからの自衛隊―」  元陸上幕僚長 火箱芳文
平成28年 4月 「米国の作戦思想の大転換についていけない日本」  元西部方面総監 用田和仁

 

平成27(2015)年度

平成28年 3月 「防衛装備移転3原則の評価と課題」
平和・安全保障研究所客員研究員 徳田八郎衛(元防衛大学校教授)
平成28年 1月 「最新の日米中安全保障関係」
富士通システム統合研究所長 渡部悦和(元東部方面総監)
平成27年12月 「守るべき人がいる」  参議院議員 防衛省政務官 佐藤正久
平成27年11月 「新たな安保関連法と自衛隊」  元中央即応集団司令官 柴田幹雄
平成27年10月 「日中間の偶発事故防止協議の行方」  元航空支援集団司令官 永岩俊道
平成27年 9月 「平成27年版防衛白書について」  防衛省大臣官房報道官兼審議官 武田博史
平成27年 7月 「核戦略の現況と将来」  元陸自小平学校副校長 矢野義昭
平成27年 6月 「これでいいのか日本―誇り高き日本への道―」  元航空幕僚長 田母神俊雄
平成27年 5月 「海洋立國日本として」  総合海洋政策本部参与 古庄幸一(元海上幕僚長)
平成27年 4月 「わが国の防衛と安全保障」  衆議院議員 元防衛大臣 小野寺五典

 

平成26(2014)年度

平成27年 3月 「中国の一般大学における軍事教育―正に全民国防―」 元陸自幹部学校教官 高井三郎
平成27年 1月 「わが国の安全保障法整備について」  衆議院議員 防衛大臣 中谷 元
平成26年11月 「南西諸島の防衛」  元西部方面総監 用田和仁
平成26年10月 「中国とどう付き合うか」  元南西航空混成団司令 佐藤守
平成26年 9月 「平成26年版防衛白書について」  防衛省大臣官房企画評価課長 萬浪 学
平成26年 7月 「中国の台頭と日本の課題」  元航空支援集団司令官 織田邦男
平成26年 6月 「現世界情勢と集団的自衛権問題」  元陸上幕僚長 冨澤 暉
平成26年 5月 「今後の日中関係と北朝鮮問題」  アジア社会経済研究協会会長 菅沼光弘
平成26年 4月 「朝鮮半島の地政学10則」  元韓国防衛駐在官 福山 隆

 

平成25(2013)年度

平成26年 3月 「東日本大震災の統合任務部隊指揮官として」  元陸上幕僚長 君塚栄治
平成26年 1月 「今年の政局展望」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成25年12月 「現下の国際情勢と日本外交」  岡崎研究所長 岡崎久彦
平成25年11月 「中国の海洋戦略と今後の課題」
東京財団研究員政策プロデューサー 小原凡司(元中国防衛駐在官
平成25年10月 「日韓両国の地政学的関係―リムランドの国際的正義―」
東北アジア問題研究所理事長 金 定三
平成25年 9月 「東日本大震災への対応と我が国の防衛」  元陸上幕僚長 火箱芳文
平成25年 8月 「平成25年版防衛白書について」  防衛省大臣官房審議官・報道官 辰己昌良
平成25年 7月 「中国の戦略及び北朝鮮の本音」  元自衛艦隊司令官 香田洋二
平成25年 6月 「習近平体制下の中国―内政と外交の課題―」  防衛大学校長 國分良成
平成25年 5月 「台頭する中国の海洋戦略」  中国軍事問題専門家 平松茂雄
平成25年 4月 「守るべきものは何か」  参議院議員 防衛省政務官 佐藤正久

 

平成24(2012)年度

平成25年 3月 「危機管理と日本人」  作家 井沢元彦
平成25年 1月 「最近のわが国を巡る情勢」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成24年12月 「共産党大会後の中国情勢―党軍関係を焦点にー」 拓殖大学名誉教授 茅原郁夫
平成24年11月 「金正恩体制の行方」  元韓国防衛駐在官 福山 隆
平成24年10月 「英霊に心を寄せてー戦後に残された課題を考えるー」  ジャーナリスト 笹 幸恵
平成24年 9月 「中国とアメリカの水問題」  京都大学名誉教授 松井三郎
平成24年 8月 「平成24年版防衛白書について」  防衛省大臣官房審議官 石塚泰久
平成24年 7月 「駐米大使・胡適の「日本切腹、中国介錯論」  元防衛大学教授 平間洋一
平成24年 6月 「見えない戦争―サイバー戦の脅威―」  サイバーセキュリティ研究所長 伊東 寛
平成24年 5月 「古事記と国防」  作家・憲法学者 竹田恒泰
平成24年 4月 「私の文化防衛論」  高崎経済大学教授 八木秀次

 

平成23(2011)年度

平成24年 3月 「国防の本義と日本―バランス・オブ・パワーポリシー」  日本財団法人 日下公人
平成24年 1月 「2012年の政治・国際情勢―米中韓の首脳交代に伴う地殻変動―」
衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成23年12月 「アジアから見た日本」  元NHKプロデューサー 上野重喜
平成23年11月 「誰も語らなかった防衛産業」  防衛ジャーナリスト 桜林美佐
平成23年10月 「中国の海洋における覇権的行動とわが国の備え」  岡崎研究所理事 金田秀昭
平成23年 9月 「日本よ永遠なれ」  参議院議員 山谷えり子
平成23年 8月 「平成23年版防衛白書について」  防衛省大臣官房審議官 筒井和人
平成23年 7月 「国家なき日本を問い直す」  日本政策研究センター代表 伊藤哲夫
平成23年 6月 「核武装なければ自主独立なし」  評論家 西部邁
平成23年 5月 「最近の中国の軍事動向」  拓殖大学名誉教授 茅原郁夫
平成23年 4月 「政局所感」  衆議院議員 立ち上がれ日本代表 平沼赳夫

 

平成22(2010)年度

平成23年 3月 「尖閣諸島の防衛について」  拓殖大学名誉教授 茅原郁生
平成23年 1月 「戦略なき日本外交の危機について」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成22年12月 「生きるー極限で私を支えたものー」  社団法人小野田自然塾・理事長 小野田寛郎
平成22年 9月 「保守政治の再生について」  衆議院議員 元内閣総理大臣 安倍晋三
平成22年 8月 「平成22年版防衛白書について」  防衛省大臣官房報道官 前田 哲
平成22年 7月 「祖国は甦る」  独立総合研究所社長兼主席研究員 青山繁晴
平成22年 6月 「最近の朝鮮半島情勢」  ダイコー株式会社専務 元韓国駐在武官 福山 隆
平成22年 5月 「中国の政治・経済情勢と日中関係の問題点」  評論家 石  平
平成22年 4月 「中国の海洋戦略と沖縄」  中国軍事専門家 平松茂雄

 

平成21(2009)年度

平成22年 1月 「我が国をめぐる内外情勢」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成21年12月 「保守の再生」  衆議院議員 稲田朋美
平成21年11月 「変革を求められる日本の安全保障」  軍事ジャーナリスト 潮 匡人
平成21年10月 「国防の本義―250年の大波と25年の小波から考えるー」
日本財団特別顧問・社会貢献支援財団会長 日下公人
平成21年 9月 「オバマ大統領が進める経済軍事戦略の新機軸」
国際政治経済学者・未来科学研究所代表 浜田和幸
平成21年 8月 「平成21年版防衛白書について」  防衛省大臣官房審議官 鈴木良之
平成21年 7月 「集団的自衛権について」  元外務事務次官・国際海洋法裁判所判事 柳井俊二
平成21年 6月 「陸上自衛隊のイラク派遣を振り返って」  元陸上幕僚長 森  勉
平成21年 5月 「暴走する中国と迷走する日本―チベット問題を通じて」 国際政治学者 ペマ・ギャルポ
平成21年 4月 「イラク派遣の回顧と展望」  航空支援集団司令官 織田邦男

平成20(2008)年度

平成21年 1月 「激動する国際情勢とわが国の安全保障」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成20年12月 「オバマ政権下での日米関係」  拓殖大学海外事情研究所長・大学院教授 森本 敏
平成20年11月 「激動の世界と日本」  防衛大学校長 五百旗頭真
平成20年10月 「北京五輪後の中国情勢について」  拓殖大学教授 茅原郁夫
平成20年 7月 「台湾軍事情勢―台湾海峡の安定と平和を希求してー」
前交流協会台北事務所主任 長野陽一
平成20年 6月 「北京五輪に隠された中国の軍事・金融戦略」  国際政治経済学者 浜田和幸
平成20年 5月 「ロシア新政権のゆくえ」  NHK解説委員 石川一洋
平成20年 4月 「世界おもしろ食文化と国家安寧について」
インド料理専門店・銀座ナイルレストラン社長 G.M.ナイル

 

平成19(2007)年度

平成20年 1月 「ねじれ国会大連立再編の可能性」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成19年12月 「流動する世界と日本の安全保障」
世界平和研究所副会長 元防衛庁事務次官 佐藤謙
平成19年11月 「ロシアのアジア安全保障政策」  駐日ロシア連邦大使館公使 ミハイル・ガルージン
平成19年10月 「ハーバードから見た日米・米中関係」 ハーバード大学アジアセンタ上級客員研究員 福山隆
平成19年 9月 「外交と國體」  外務省事務官 作家 佐藤 優
平成19年 8月 「平成19年版防衛白書について」  防衛省大臣官房報道官 上瀧 守
平成19年 7月 「冷戦後の核抑止と核不拡散について」  防衛研究所研究部長 小川伸一
平成19年 6月 「中国の軍事情勢について」  拓殖大学国際学部教授 茅原郁生
平成19年 4月 「ひげの佐藤が語るイラク派遣の真実と課題」  元イラク先遣隊長 佐藤正久

 

平成18(2006)年度

平成19年 1月 「激変するわが国の安全保障体制」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成18年12月 「転換期の自衛隊」  前統合幕僚長 先崎 一
平成18年11月 「アジア外交の現状と日本の対応」  評論家・国防協会評議員 加瀬英明
平成18年10月 「中国における遺棄化学兵器の処理について」  元国連特別委員会委員 倉田英世
平成18年 9月 「北朝鮮ミサイル乱射 総合BMD戦略」  岡崎研究所理事 金田秀昭
平成18年 8月 「平成18年版防衛白書について」  防衛庁長官官房文書課白書室長 中西礎之
平成18年 7月 「世界がさばく東京裁判」  青山学院大学名誉教授 法学博士 佐藤和男
平成18年 6月 「新たな統合運用体制について」  統合幕僚副長 加藤 保
平成18年 4月 「米軍再編について」  元航空幕僚長 平岡裕治

 

平成17(2005)年度

平成18年 1月 「中国の海洋進出」  元海上幕僚長 岡部文雄
平成17年12月 「元自衛官の立場から憲法問題を考える」  元東北方面総監 長谷川重孝
平成17年11月 「新時代の日米安保について」  衆議院議員 元防衛庁長官 中谷 元
平成17年10月 「中国の国家戦略について」  中国問題研究家 平松茂雄
平成17年 9月 「北朝鮮の核問題のゆくえ」  防衛庁防衛研究所図書館長 武貞秀
平成17年 8月 「平成17年版防衛白書について」  防衛庁長官官房文書課長 宮﨑信敏
平成17年 7月 「新しい憲法と安全保障」  衆議院議員 自民党憲法調査会会長 保岡興治
平成17年 6月 「情報と安全保障」  防衛大学校安全保障・危機管理教育センター長 太田文雄
平成17年 5月 「今後の我が国の国防政策」  衆議院議員 自民党国防部会長 岩屋 毅
平成17年 4月 「対日関係の現況」  北駐日経済文化代表處代表 許 世楷

 

平成16(2004)年度

平成17年 1月 「日本人の国防意識について」  作家 井沢元彦
平成16年12月 「集団的自衛権についてー国防の本義とはートーマス・モアからブッシュまでー」 東京財団会長 日下公人
平成16年10月 「イラク人道復興支援活動について」  第一次イラク復興支援群長 番匠幸一郎
平成16年 9月 「教育問題について」  東京都教育委員 永世棋聖 米長邦雄
平成16年 8月 「平成16年版防衛白書について」  防衛庁長官官房文書課長 宮崎信敏
平成16年 7月 「国際水準から見た日本の安全保障」  軍事アナリスト 小川和久
平成16年 6月 「陸上自衛隊が実施する国際貢献活動」  陸上幕僚副長 林 直人
平成16年 5月 「日本の安全保障と拉致問題について」
衆議院議員 拉致問題議員連盟会員 平沢勝栄
平成16年 4月 「国際社会の変容と日本の対応について」  元内閣総理大臣 中曽根康弘