【国防問題講演会のお知らせ】
「激動する朝鮮半島情勢を読む」
武貞秀士氏(拓殖大学大学院特任教授)
平成30年7月

平成30年7月の国防問題講演会は、

「拓殖大学大学院特任教授 武貞秀士先生」をお招きします。

先生は、慶應義塾大学法学部を卒業後防衛庁防衛研究所に入所、防衛研究所研究室長、韓国中央大学客員教授などを歴任され、平成23年、総括研究官を最後に防衛省を退官されました。その後、韓国の延世大学国際学部専任教授、ソウル市所在の東北アジア国際戦略研究所客員研究員を務められ、現在は、拓殖大学で教鞭を執っておられます。著書も多く、「なぜ韓国外交は日本に敗れたのか 激変する東アジアの国家勢力図」(PHP研究所)などがあります。

当日は「激変する朝鮮半島情勢を読む」という演題で、ご講演して                いただきます。多数の皆さまの御来場をお待ちしています。

 

・日時:平成30年7月11日(水)15時~16時30分

・会場:TKP市ケ谷カンファレンスセンター3F 「3Eルーム」

新宿区市谷八幡町14(Tel 03-4577-9251)

・講師:拓殖大学大学院特任教授 武貞秀士先生

・演題:「激動する朝鮮半島情勢を読む」

・聴講料:一般:2千円 会員:千円 隊員・OB:千円

 

※平成30年7月6日(金)までに、お申し込みください。

TEL:03-5229-5866

〒162-0842新宿区市谷砂土原町3-1-3コープ市ヶ谷73 (公財)日本国防協会事務局