寄附案内

寄附者の皆さまへ

 

公益財団法人日本国防協会は、現在、「自らの国は自らの手で守る」健全な国防思想普及のため、「皆さんの寄附で機関誌『日本の国防』を全国の図書館へ届けよう」という「『日本の国防』閲覧キャンペーン」を行っています。

このため、ご寄付に対する税制上の優遇措置についてご説明しますのでご参照ください。

 

 

個人によるご寄附

 

当協会は、平成29年12月18日付をもって「税額控除対象法人」の認定を受け、個人が当協会へ寄附金を支出した場合、税額控除制度の適用を受けることができます。

個人が支出した寄附金について、確定申告時に税額控除制度の適用を行った場合、以下の算式により算出された額が、所得税額から控除されます。

 

[ 税額控除対象寄附金(※1) ― 2,000円 ] × 40% = 控除対象額(※2)

 

※1 税額控除対象寄附金:税額控除対象法人への寄附金額

注:寄附金支出金額が、総所得金額等の40%に相当する金額を超える場合には、

40%に相当する額が税額控除対象寄附金となります。

※2 控除対象額は、所得税額の25%を限度とします。

 

 

法人によるご寄附

 

法人税について、法人が支出する寄附金は、その法人の資本金等の額、所得の金額に応じた一定の限度額までが損金に算入されます。

このとき、当協会に対する寄附については、一般寄附金の損金算入限度額とは別に、別枠の損金算入限度額が設けられています。

 

当協会への寄附金の特別損金算入限度額

= (所得金額の6.25% + 資本金等の額の0.375%) × 1/2

 

一般寄附金の損金算入限度額(上記の限度額を超えた分を含む)

=(所得金額の2.5% + 資本金等の額の0.25%) × 1/4