活動理念及び理事長挨拶

〈活動理念〉

美しい日本を愛し

日本国に誇りを持ち

自らの国は自らの手で守る日本人としての気概を持とう

このため、内外の国防に対する政治、経済、社会等の情勢を明らかにし、わが国の防衛のあり方を探究するとともに国防思想の普及に努め、わが国の平和と独立に寄与することを目的に活動する。

 

〈理事長挨拶〉

国を愛し、平和を願う皆さまへ

21世紀初頭に発生した「9・11アメリカ同時多発テロ」は、従来の国家対国家、民族対民族といった国際紛争の一般的な概念では捉えることのできない、新たな脅威として全世界に大きな衝撃を与えました。
このような状況にあって、わが国においても憲法改正論議の高まりを受け、「日米防衛協力のための指針」の改定、「平和安全法制」の整備等、国防政策が大きく変わってきてはいますが、未だに日本の有事、即ち「わが国への侵略」或いは「テロが生起する事態」に正面から向き合おうとしない、いわゆる「普通の国」になれない状態が続いています。

これは、日本人の「国を愛する心」、「国を守る心」という独立自尊の精神をないがしろにしてきたからに他なりません。
このような状況の中、日本国防協会は「自らの国は自らの手で守る」国防思想の普及啓発に努め、わが国の平和と独立に寄与するという目標に向かい、志を同じくする皆さまとともに手を携えて活動していく覚悟です。

公益財団法人日本国防協会 理事長 赤星 慶治